バイクの鍵交換後に施すべきメンテ~鍵を健全な状態をキープ~

迅速に鍵トラブルを解決してくれる頼りになる存在 迅速に鍵トラブルを解決してくれる頼りになる存在

バイクの鍵が折れないように普段から手入れをしておこう

鍵交換後も、定期的にメンテナンスを行なっておけば、破損トラブルを未然に防げます。鍵メンテナンスは、難しそうに見えますが自分でも簡単に出来る方法もあります。こちらでは、実践しやすい鍵メンテナンス方法を紹介します。

鍵穴を手入れしておこう

複雑で、凸凹していそうな鍵穴内部をきれいにするなら、業者にお願いした方がいいのか気になるでしょう。繊細な鍵穴が傷ついてしまったら大事です。実は、鍵穴メンテナンスは自分でも出来ます。エアスプレーや掃除機を使えば、内部の埃や汚れをきれいに除去できます。仕上げで、鍵に専用の潤滑剤を塗って、何度か抜き差しすれば内部部品も滑らかに動くでしょう。

歯ブラシを使って鍵交換したキーを掃除

ブラシで掃除する

凸凹した鍵は、使わない歯ブラシを使って溝に溜まった汚れを落とせます。歯ブラシの細かな毛先が、微細な汚れをかき出すのに適しています。定期的に、鍵本体の溝に溜まった汚れを取り除けば、鍵穴内部に汚れを蓄積させずに済みます。バイクの鍵トラブルを引き起こしにくくするためには、汚れ除去は欠かせません。

鉛筆の芯を塗る

掃除をして汚れを落としたら、滑りを良くしていきましょう。実は、鉛筆の芯を凸凹や溝部分に塗りこむのも、鍵のメンテナンスに有効です。なぜ文房具を使うのかと疑問を抱く人もいるでしょう。意外と知られていませんが、鉛筆の芯の原料である黒鉛は潤滑剤代わりになります。そのため、スムーズに鍵穴に通しやすくしてくれます。しかも、黒鉛には有害な成分が含まれていないので、鍵や鍵穴に悪影響を及ぼしません。

手入れをしてもバイクがイタズラの標的にされる事も・・・

バイクを駐輪していると、心無い人からイタズラされるケースもあります。対策のために、役立つのがシャッターキーとサイレントアラームです。防犯グッズを購入しておけば、イタズラによって被った損傷を修理に出さずに済むので、買っておいて損はありません。

TOPボタン